アシマ株式会社は、地域の生活を守る上で放置車輌、違法駐車の解消に力を注いでいます。埼玉・東京の放置車輌、違法駐車問題の解消のことならアシマ株式会社にお任せください。

交通安全と地域安全をサポート
違法駐車問題の解消は、交通事故を無くし、安全な生活を守る上でも緊急の課題です。
平成18年6月、道路交通法改正により「放置車輌の確認事務」が民間に開放されたのを機に、当社は埼玉県内の放置駐車確認機関として駐車監視業務を開始し、平成25年4月から警視庁において同様に駐車監視業務を行っております。
放置車輌確認事務は、違法駐車問題解消のための重要な業務であり、警察官のほか「確認事務の委託を受けた会社で、
駐車監視員資格者証の交付を受けている駐車監視員のみが行うことができる業務」です。
駐車監視員募集
業務内容
放置車両確認事務
勤務時間
5:00~22:00の間で実働8時間
給与
日給 ①9,504円 ②9,304
※但し、研修期間・試用期間の日給は会社規定による
応募条件(資格)
駐車監視員資格者証所持者、普通自動車運転免許証所持者
福利厚生
交通費全額支給、制服貸与、有給休暇、社会保険応相談
休日
交替制
勤務地
埼玉県内・東京都北区
1日の流れ
1日に2~3回、2時間の巡回を実行します。午前に1回 / 午後に2回
午前 9:00本社に出社 本日巡回する地域を確認します。
午前 9:151回目の巡回開始 予め決められている重点区域を中心に巡回を開始します。
午前10:30小休憩(10分程度) 長時間の運転は集中力を切らすので適度に休憩を入れます。
午前12:00昼休憩 本社に午前の報告を行い、午後に備え昼休憩をしっかり取ります。
午前13:00午後の巡回開始 別の場所に移動し巡回します。
午前15:00小休憩(15分程度) 長時間の運転は集中力を切らすので適度に休憩を入れます。
午前15:303回目の巡回 別の場所に移動し巡回します。
午前17:30本日の巡回報告 本社に戻り、本日の状況を書類にまとめます。
午前18:00退社 1日もお疲れ様でした。
問合わせ先
048-647-6705

 

放置車両確認事務・違法駐車監視員のお問い合わせはこちら

放置車両確認事務・違法駐車監視員のお問い合わせはこちら

駐車監視員資格者講習 ~資格取得日程 埼玉県~

この駐車監視員資格者講習は、駐車監視員資格者証を取得するため、道路交通に関する法令の知識その他放置車両の確認等の適正な実施に必要な技能及び知識について2日間の日程で、計14時間の講義を行い、その後、概ね1週間後に1時間の修了考査(テスト)を実施します。

埼玉県は駐車監視員資格者講習が2回実施しています。詳しくは埼玉県警察、交通指導課までお問い合わせください。(交通指導課:電話:048-832-0110)

警視庁HP参照

講習等実施日
平成28年度中に実施予定の駐車監視員資格者講習の受付はすべて終了しました。
※平成29年度の駐車監視員資格者講習の実施日・場所等については、詳細が決定次第掲載いたします。
申込期間
講習等実施場所
受講申込み
県内各警察署 交通指導課
受講申込書類等
駐車監視員資格者講習受講申込書  1通(都内の各警察署で配付)
費用

駐車監視員資格者講習 ~資格取得日程 東京都~

平成27年度から駐車監視員資格者講習は年度内1回とし、講習予定人員は500名となります。

警視庁HP参照

講習等実施日
平成28年度中に実施予定の駐車監視員資格者講習の受付はすべて終了しました。
※平成29年度の駐車監視員資格者講習の実施日・場所等については、詳細が決定次第掲載いたします。
申込期間
講習等実施場所
東京都江東区有明3丁目11番1号
東京ビッグサイト 会議棟 6階会議室
講習予定人員
500名
受講申込み
都内各警察署 交通指導課
受講申込書類等
駐車監視員資格者講習受講申込書  1通(都内の各警察署で配付)
費用
20,000円

 

留意事項

  • (1)何らかの理由で講習を受講できなかった場合でも、講習手数料は返還されませんので注意してください。
  • (2)受講申込みの際に、ご本人であることを確認させていただく場合がありますので、ご本人であることが証明できるもの(運転免許証等)をお持ちください。
  • (3)講習・考査の受付時間は、各日とも午前8時30分から午前9時10分です。
  • (4)講習の終了時間は、各日とも午後5時40分ころ、考査日は、午後2時ころを予定しています。あらかじめご了解をお願いします。

埼玉の違法駐車数の現状

全日本運輸産業労働組合連動会による2012年の全国を対象にした調査では、埼玉県は全国で6番目と違法駐車台数は非常に多い県となっています。

違法駐車は許される行為ではなく、法律でも厳しく取り締まられています。定期的に違法駐車状況は調査を行われており、各県ごとに課題が浮き彫りになっています。

違法駐車調査の目的 (※全日本運輸産業労働組合連動会調べ)

道路混雑の原因になっている違法駐車問題は、集配車両を中心としてトラック運送業においても切実な課題です。このことをふまえ、とくに都市部の主要道路における違法駐車ならびにトラックベイや貨物車専用パーキングにおける一般車の駐車状況等の実態調査を行い、そのデータをもとに今後駐車場整備等の要求資料とするとともに、中央・地方における道路交通環境の改善にむけた運動にしています。

調査方法

  1. 調査対象地域については、各都道府県の県庁所在地またはそれに準ずる都市の違法駐車が多い地点を選定した。
    その結果、沖縄県を除く46都道府県の71都市・418地点で調査を実施した。
  2. 2012年6月8日を統一行動日に設定し、調査を実施した。
    調査時間は10時から12時、13時から15時の4時間とし、1時間ごとに対象地域における違法駐車車両の数を徒歩または車両による巡回方式(監視員)によってカウントした。なお、全国で771名がこの調査に参加した。
  3. 違法駐車車両は、次の車種区分によって集計した。
    ・営業用トラック ~ 2トン以上の営業用ナンバー
    ・自家用トラック ~ 2トン以上の白ナンバー
    ・自家用乗用車他 ~ 自家用乗用車、バンなど

 違法駐車台数の推移

車種/年

都道府県

営業用トラック 自家用トラック 自家用乗用車他 合計

2010

2011

2012

2010

2011

2012

2010

2011

2012

2010

2011

2012

北海道

582

539

726

407

460

563

2,313

2,248

2,032

3,302

3,247

3,321

青森

118

113

148

63

49

30

264

281

348

445

443

526

岩手

64

51

76

57

60

58

166

132

127

287

243

261

秋田

133

47

78

23

23

32

145

149

187

301

219

297

山形

54

55

71

25

36

29

88

125

177

167

216

277

宮城

120

129

160

76

50

82

287

376

446

483

555

688

福島

167

109

89

153

102

140

281

277

235

601

488

464

群馬

27

23

32

16

14

17

81

65

123

124

102

172

栃木

67

88

66

38

6

10

123

97

68

228

191

144

茨城

24

33

36

16

18

24

44

61

69

84

112

129

埼玉

459

349

411

380

213

301

727

557

681

1,566

1,119

1,393

千葉

138

90

86

94

72

90

215

95

272

447

257

448

東京

133

191

150

228

339

228

196

329

384

557

859

762

神奈川

46

0

0

103

0

0

276

0

16

425

0

16

山梨

37

29

32

23

23

25

110

80

109

170

132

166

新潟

21

15

18

23

20

3

226

171

222

270

206

243

長野

68

83

72

47

68

70

80

119

128

195

270

270

富山

35

43

31

15

86

21

268

269

191

318

398

243

石川

61

81

125

16

77

51

45

198

234

122

356

410

福井

0

0

3

0

1

5

6

15

33

6

16

41

静岡

14

46

45

31

70

67

55

73

29

100

189

141

愛知

931

1,055

699

928

1,012

728

4,481

4,962

4,006

6,340

7,029

5,433

岐阜

14

21

25

18

20

18

61

135

97

93

176

140

三重

34

31

22

23

21

22

339

271

321

396

323

365

滋賀

118

15

131

96

17

82

365

30

284

579

62

497

京都

510

369

363

447

312

465

1,096

1,075

987

2,053

1,756

1,815

奈良

26

5

22

36

5

10

92

55

72

154

65

104

和歌山

103

97

111

83

86

78

862

695

675

1,048

878

864

大阪

2,553

1,932

1,958

1,339

1,280

1,142

4,431

3,745

3,880

8,323

6,957

6,980

兵庫

389

238

228

172

214

173

2,373

2,386

2,423

2,934

2,838

2,824

鳥取

5

13

11

6

5

17

63

76

50

74

94

78

島根

53

4

20

42

18

19

55

30

19

150

52

58

岡山

27

21

31

17

13

14

97

130

97

141

164

142

広島

121

117

97

74

92

102

164

259

144

359

468

343

山口

8

15

13

54

18

22

264

218

271

326

251

306

香川

63

48

46

60

104

49

260

185

253

383

337

348

徳島

23

18

30

69

61

83

317

162

274

409

241

387

高知

21

25

21

52

86

73

157

135

102

230

246

196

愛媛

55

57

73

73

70

77

143

160

229

271

287

379

福岡

56

53

18

69

49

17

301

341

117

426

443

152

佐賀

7

58

30

21

25

36

79

134

81

107

217

147

長崎

47

0

0

140

4

4

142

119

98

329

123

102

熊本

189

87

99

165

85

123

251

214

228

605

386

450

大分

73

87

43

122

54

45

136

165

67

331

306

155

宮崎

49

82

39

26

41

65

83

85

161

158

208

265

鹿児島

70

85

86

34

37

42

73

93

96

177

215

224

合計

7,913

6,647

6,671

6,000

5,516

5,352

22,681

21,577

21,143

36,594

33,740

33,166

 

違法駐車取締り・監視員の効果 (※全日本運輸産業労働組合連動会調べ)

下の図をみると、2006年から2008年にかけて激減しています。自家用自動車他の違法駐車台数は半数以下に減少しました。理由としては違法駐車取締り民間委託制度(2006年6月施行・監視員)の影響によるものと考えられています。

さらに、2009年以降も全体的に減少傾向は続いており、民間委託制度(監視員)の違法駐車対策は効果があったものと言われています。

なお、警察庁から警視庁および道府県警察本部あてに、物流の必要性に配慮した駐車規制を行うよう通達が出されていますが、未だに地域によっては集配トラックに対する厳しい取締りの実態も報告されており、営業用車両の駐車規制の緩和を求める取り組みが重要となっています。

違法駐車取り締まりの効果

豆知識・・・ 違法駐車している車が原因で事故が起きた時の賠償責任

違法駐車している車に追突した場合、いくら違法駐車とは言え止まっている車に追突してしまった事で、追突した側に大きな過失があります。しかし違法駐車となると過失が10対0になるかは状況判断次第で、9:1や8:2ぐらいの過失割合になることもあります。

問題は、違法駐車している車を避けようとして人を轢いてしまった場合や、避けた場所で対向車と激突してしまったような場合です。違法駐車車両がなければ事故は起きなかった・・・ということも十分にあり得ます。

違法駐車している車が原因で事故が起きた場合に、違法駐車車両を保有する者に対して、損害賠償請求できるのかは状況によって変わってきます。

  1. 違法駐車が民法上の過失にあたる
  2. 違法駐車が自賠法の運行にあたる
  3. 違法駐車車両が民法の共同不法行為にあたる(※1)

上記のような場合は、違法駐車車両を保有する者に責任があることになります。

※1共同不法行為とは・・・

共同不法行為というのは、複数の人の関与によって、権利侵害の結果を発生させる現象のことです。 違法駐車が絡む交通事故の場合、加害者である車の運転者と違法駐車車両の保有者の共同不法行為になる可能性があります。 事故を起こした加害者が最も悪いことは間違いありませんが、被害者は違法駐車の運転手を共同不法行為者として損害賠償を請求できるかもしれません。 1台目の車に跳ねられて、道路に倒れている所を後続車に轢かれて死傷したような場合も共同不法行為にあたります。過失割合は事故の状況によって変わりますが、
1台目も2台目も悪いということです。

HPはじめての自動車保険より参照

放置車両確認事務・違法駐車監視員のお問い合わせはこちら

放置車両確認事務・違法駐車監視員のお問い合わせはこちら

PAGE TOP

Copyright (c) 2013 ASHIMA CORPORATION. All rights reserved.